出会いサイトで出会うこと

不特定多数の相手との出会い。

それがネットで出来るという場所が出会いサイトになります。
現代社会において出会いを探す人にとっては、 どこかの誰かと結びつける有効な出会いの場でもあります。

ただ、そういう場所ですから、出会いサイトを利用している人すべてが、 モラルと良識を持って利用しているわけではありません。

中には出会いサイトでロクでも無いことを考えている人もいます、 そうでなくても異性の出会いの場、トラブルに巻き込まれてしまう可能性も十分にあるのです。

便利になった分、不都合や危ない面が出てくるのはいつものことです。
それでも出会えるからこそ危険が生じるわけで、出会えなければ安全、という考え方もできます。
出会いサイトも一長一短ということでしょうか。

出会えるからこそ危険で、出会えないからこそ安全という事です。
出会いサイトはそういうバランスの元で成り立っています。

もともと匿名性の高い場所、何かをするのはもってこいの環境とも言えるでしょう。
そうは言っても、やはり利用する人の意識次第ですね。

使い方によっては運命の相手も探せるし、人生をぐちゃぐちゃにされてしまうこともある、それが 出会いサイトです。
よくニュースでは出会いサイトで出会った人たちのトラブルや犯罪などを特集したりしていますが、 そのような面が出会いサイトにあるのもまた事実です。

ですが、それ以上に出会いサイトで知り合った男女が結婚したりすることも多いのです。
昔以上に出会いサイトでの交際率は増えているのです。

なので出会いはほしいけど出会いサイトは怖いから辞めておこう、というのが半分正解で半分不正解なのです。
そこでどのような選択をするかによってその後の人生は大きく変わってしまいます。

そもそも悪質な出会いサイトに騙されそうになった場合の大部分はそれ以前に気付くことが多いのです。
どう考えてもおかしなメールを送ってきた相手にそれほど深入りしようとは思いませんよね?
なので、出会いサイトのトラブルのほとんどは自分のちょっとした注意で防げるのです。

安心に出会いサイトを使えるかどうかは自分自身にゆだねられているのです。

最新情報

2014年4月24日
安心出会いサイトを使う
安心して利用するには
出会い系サイトを安心して利用するには他力本願ではいけない。 全て自分の力でどうにかするしかない。 自力で敵を退・・・
2014年4月18日
安心出会いサイトを使う
難しいことは何もない
出会い系サイトを利用するのにいくつか気をつけておく点がある。 しかしそれは別に何も技術を要することでもないし、・・・
2014年4月11日
使う前に知っておきたい事項
汝、自戒せよ
サクラにひっかかって出会い系サイトにお金を落とす人がたくさんいるらしい。 本来はサクラは自社の出会い系サイトに・・・
2014年4月4日
出会いサイトについて
愛憎渦巻く出会い系
出会い系界隈では今日も悦楽と苦悶が渦巻いて、ものすごい色を発している。 出会い系サイトに関する書き込みは煩悩に・・・
2014年4月3日
安心出会いサイトを使う
安心して出会いを手に入れるコツさえわかれば
出会い系サイトで安心して出会いを手に入れたいならコツがある。 まず安心な出会いというものは初心者が一朝一夕で手・・・

安心して利用するには

出会い系サイトを安心して利用するには他力本願ではいけない。
全て自分の力でどうにかするしかない。
自力で敵を退けていかなければ、時には戦略的撤退も視野に入れて、そうして安心を手に入れるしかない。
安全な出会い系サイトというものはほとんどないが、安全に使うことはできる。
使い方さえ間違えなければそれほどの危険がないというのはだいたい何にでも言えることで。
安全な出会い系サイトはなくても安全な出会いや安心な出会いはある。
そのためには知識を経験を手に入れなければいかれない。
出会い系サイトは多く、サクラや悪質な業者に蹂躙されている。
まずはそのサクラなどの手口をよくよく知らなければいかれない。
敵を知らずして敵を見抜くことはできないし、誰が敵かわからなければ安心というものが手に入らないであろうことは誰でも想像に難くないと思う。
ネットには出会い系サイトを安全に利用するための方法を紹介しているサイトが多くある。
そういったサイトでまずは予習をしなくてはいかれない。
予習をしないとそもそもどの出会い系サイトを選んでいいのかわからなくなるだろう。
だからまずは安心して利用できるサイトを選ぶための知識をつけなければいかれない。
まじめな出会い系サイトが完全に安全かというとそういうわけでもないけれども、しかし詐欺のサイトを選んでしまえば安全どころの話ではない。
どう上手く転んでも大けが必至だ。
だからまずは出会い系サイトのなんたるかを知らねばいかれない。
詐欺の出会い系サイトの見分け方を知れば次にはサクラの見分け方を覚え、そしてようやく比較的安心して出会い系サイトを利用することができる。
だが出会い系サイトを利用している一般人にも自分と反りの合わない人間はいるし、特にサイコパシックな人間も多分にいるから、安心した出会いのためにはよくよく相手とやり取りを重ね、浅慮な出会いは控えるのがいいかもしれない。
顔の見えない相手だからこそ、それ以外の部分をよくよく精査しなければいかれない。
安心して出会いを手に入れるには色々な障害が立ちはだかっている。

難しいことは何もない

出会い系サイトを利用するのにいくつか気をつけておく点がある。
しかしそれは別に何も技術を要することでもないし、難しいことでもない。
それをやることでLINE交換をスムーズに行えたり、出会い系サイトを安全に利用できるようになるのだ。
出会い系サイトが安全になるということは安心して出会えるということだ。
詐欺の出会い系サイトばかりの出会い系界隈で安心して出会うために覚えておくこと。
まずは詐欺の出会い系サイトの手口と見分け方。
なんてことはない。詐欺のサイトというのはサイト名で探してみればすぐわかる。
サイト名で検索してみて、詐欺のサイトかどうかわからない詐欺のサイトはない。
【サイト名 詐欺】で検索すれば一発だ。
一つのサイトで判断するのではなくて、複数の口コミサイトを覗いてみよう。
中には詐欺のサイトが口コミサイトに似せた偽の口コミサイトをこさえている場合もある。
まあしかし所詮は浅知恵だ。
無駄なあがきをしたところで焼け石に水。
真実の情報からは逃れることはできないのだから、自分が納得いくまでじっくり探してみよう。
詐欺のサイトというのは詐欺のためだけにつくられていることがほとんどだ。
だからもしかしたら本当に女の子がいるかもなどという幻想は捨てよう。
女の子はいない。いないし絶対に出会えない。
詐欺の出会い系サイトは性別女性で登録しても、検索にひっかからなかったり、すぐにはじかれたりとにかく性別女性では詐欺のサイトは普通につかうことすらままならない。
だから絶対にいないと言い切れるのだ。
サイト名半角スペース詐欺で検索するだけで安心して出会い系サイトを利用できるようになるならそれをしない理由はないと思う。
というか、どうしてこれくらいの手間をも惜しんでしまうのだろう。
その結果が詐欺の出会い系サイトに何万円もつぎ込むことになるというのに。
安全な出会い系サイトはあって、安心して出会うことも確かにできる。
児戯にも等しい簡単なことが出来るか否かでそれを手に入れられるか決まる。
君はまさか児戯以下じゃあないよねえ~え?

汝、自戒せよ

サクラにひっかかって出会い系サイトにお金を落とす人がたくさんいるらしい。
本来はサクラは自社の出会い系サイトに張り付いて、出会い系サイトに登録した人と無駄話をして相手にポイントを使わせてお金を稼ぐことを生業にしている。
もちろん、サクラ無し出会い系に巡り合えるのが一番だが、最近のサクラは、どうやらそれだけではないから厄介である。
むしろ、俺は出会い系サイトをヤっていないので、サクラというと出張にきているサクラの方をよく見かける。
他のサイトに出張して、女の子になりきって自社の出会い系サイトに誘導する。
こういう出張サクラの方をよく見かける。
上手くやっているやつもいれば、そうじゃないやつもいる。
上手いサクラは本当に女の子なのかどうか判断に迷う。
全然出会い系サイトに誘導するようなことをやらないからサクラじゃないのかな。
なんにせよ世の中色々な商いがあるんだなあと思う。
サクラの中身はだいたいどこかのバイトか何かがやっているんだろう。
それともいい歳したおっさんがサクラの中身をやっているのかしらん。
サクラこと、上手に女装したおじさんが、それに大興奮で女の子だと信じて疑わないおじさんとイチャイチャやりとりする様は世紀末よろしくなんとも終末的。
そんなことが当たり前にインターネットの大海のどこかで行われているらしい。
おそろしやおそろしや。
しかしまあ騙される方としても、一時的にとはいえ、ドキドキして楽しんでいるんだからいいんじゃないかな?
結局見抜けなかった自分も悪いわけだし、サクラだけが悪いように言うのはお門違いだよね。
相手が女か男か、梅は咲いたか桜はまだかいな、相手を見抜けないならばインターネットなんてやるべきじゃないと思うんだよね。
少なくとも出会い系サイトを使うなら、最低限サクラを見抜けるようになって、やっとスタートラインに立ったかなという感じで。
それが出来ないのにズンズン出会い系の中に踏み込んで騙されるならば自業自得。
簡単に騙されるやつがいるからサクラだっているわけで。
おっさんよ、自戒せよ。

愛憎渦巻く出会い系

出会い系界隈では今日も悦楽と苦悶が渦巻いて、ものすごい色を発している。
出会い系サイトに関する書き込みは煩悩にまみれ、真偽の入り乱れる混沌だ。
性欲を持て余す野郎達はその性欲と騙される不安の天秤でゆらゆらと揺れ動き、少しでも参考になればと質問を投げかけ、それに真面目に優良出会い系サイトを教えてくれる人もいれば、詐欺の業者がさも親切な回答者を装って自社の詐欺のサイトをサジェストし、また出会い系サイトを不健全で不埒なものだと決めつけている潔癖者はそれらをバッサリ切って止めさせようとする。
日々是、すったもんだの出会い系界隈。
出会い系サイトにおいても、まともに出会えている人があれば、出会うのが下手な人は無駄にお金ばかり使って、それでもたまには出会えるものだからやめられない。
まさにギャンブルみたいな、射幸心を上手く利用した出会い系の妙。
中には詐欺の出会い系サイトに騙されて出会うこともできないでお金ばかり吸い取られる。
弱肉強食の世界、出会い系の生態系で弱者は生き残ることは出来ない。
弱者はひたすら詐欺の出会い系サイトに搾取されるのみ……。
出会い系界隈は常に安寧や平和なんていうものはなく、騙し騙されの怨憎世界。
出会い系サイトは上手く利用している人とそうでない人との落差が大きい。
阿呆はただただひたすら簡単な手口に騙されて散財するばかり。
本当の強者は上手いことこれを利用して安く、そして時にはタダで出会いを手にする。
だいたい、出会い系サイトにおいて詐欺の出会い系サイトの手口なんていうのはあんまり難しいものでも手の込んだものでもなくて、簡単で単純なものが多い。
ちょっと最初に勉強していおけば簡単に回避できるようなそういう手口だ。
出会い系サイトを使う前にそういうリスクについて勉強しないから騙されることになる。
どうしてバカは出会い系サイトを使おうとするのだろうか。
初心者ほど出会い系サイトを利用したがるのだ。
ネットで出会いを手に入れるのが上手い人はだいたい出会い系サイトはほどほどに、他のサイトも並行して利用している。
そうやってシステマティックに効率よく出会いを漁っているのである。
もちろんそこに顔や話術や、諸々のステータスも必要で、堂々王者の風格だ。

安心して出会いを手に入れるコツさえわかれば

出会い系サイトで安心して出会いを手に入れたいならコツがある。
まず安心な出会いというものは初心者が一朝一夕で手に入れられるものではない。
酸いも甘いも知っている人間が到達することのできるエデンだ。
まず最初に、安心の恋人探しして出会いを手に入れるためには詐欺のサイトやサクラを見分けるのは当然のことである。
サクラというのは結構露骨に、というか一人一人に拘って、凝った演技をできるわけではないから、単刀直入に、すぐ出会いというものをちらつかせる。
まずその時点でサクラというものはすぐわかる。
そもそもサクラがお金を絞り取ろうなんてやっているようなサイトはまともではない。
そんなサイトを選んだ時点で安心もクソもない。
詐欺のサイトではない、まとも出会い系サイトを知っていて、よく利用するなんていうのは最低条件の一つだ。
どの出会い系サイトを選んでいいかわからないなんていうのは安心な出会いを手に入れられる段階ではない。
そういうサイトを見分けられるようになって出直してほしい。
そして真っ当な出会い系サイトでも果たしてサクラがいないとはかぎらないし、諸々の問題が付きまとうがサクラや詐欺のサイトを見抜ける時点でもう随分と安全だ。
出会い系サイトを使わない方法もある。
こちらでも十分安心して出会いというのを手に入れられる。
現に、学生やら二十歳前後の世代はインターネットで出会いを手に入れるのにお金なぞは払う事をしない。
お金なぞ払わなくても十分安全な出会いが手に入ると知っているのだ。
若い世代はその方法を知っているのだ。
例えばよくニュースで言われるラインなどを使って出会い~なぞとテレビですらその安全で無料の出会いのヒントを垂れ流しているくらいである。
ラインなどのインスタントメッセンジャーが出会い系サイトを使わない出会いの肝だ。
インスタントメッセンジャーで相手と出会いに至る前に相手の情報をいかに引き出すか、それが安心して出会うコツの一つだ。

出会い系の歩き方を知ろう

悪質出会い系に引っ掛かるとお金をどんだけ払っても
出会う事はできません。
なんて言ったって悪質ですからね、無理です。

どんだけ頑張っても無理なものは無理なのです。

そこを諦めずに使っていればいずれ出会える、
なんて言い方をしているところもありますが、
悪質出会い系を踏んでしまったところで可能性はゼロ。

すぐに退会する事をオススメします。

そういう手間を考えて、
登録する前にしっかりと吟味する必要があるのです。

悪質出会い系に関わりたくないなら出会い系に手を出さないこと。
見分け方が分からないのであれば
無理して手を出す必要性はどこにもありません。

リスクに見合ったリターンが無いのが今の出会い系です。

それに何も知らずに手を出すのは
騙されるために利用するだけですよ。

かくして出会い系というのはそういう場所になります。

出会い系の現実を知る事がまず第1歩。

出会い系の歩き方を知らない人は、
その方法を知ってから利用するようにしましょうね。
基本、悪質なところはユーザーを騙すためにあります。

そうじゃなきゃ悪質とは呼ばれないでしょうけど。
ユーザーを騙すために運営されているので、
ユーザーを騙すつもりで近づいてきます。

待っているだけでは集客量は知れています。

なので率先してユーザーを引っ掛けに行くのです。

多いのが異性のフリをして誘うパターンですね。

女性が集まりそうなところには男性のふりをして、
男性が集まりそうなところでは女性のフリ。

そうやって地道にユーザーを集めてきます。

集めてきたユーザーは出会い系で会う事が出来ない相手と、
そのユーザーが騙されている事に気付くまで
不毛なやり取りが続けられます。

悪質出会い系はそんなものです。

誘って騙す、出会い系のポピュラーなやり方ですね。

そんなところで出会えるわけもありません。

中身を知ってしまうとそう思うかもしれませんが、
騙されている本人はマジだと思っています。

サクラ相手に本気で会えると信じてしまっているのです。

安心したけりゃ出会い系は使うな

出会い系サイトを使っている間は色々な不安に悩まされることになると思う。
むしろ不安もなく出会い系サイトを使うような奴はバカだ。
すぐにサクラや業者のエサになること間違いなし。
人妻出会い系サイトに限らず、出会いの色の強いところには必ずと言っていいほどに詐欺の業者の手が入っている。
詐欺の業者はあの手この手で詐欺の出会い系サイトに引きこもうとしている。
そういう事を知っていれば出会い系を使っていて安心などできるはずないのだ。
ポイント制の出会い系サイトの詐欺でよくあるパターンは、登録後すぐに女の子から連絡がきて、そして実際に遊ぼうという話になる。
で、実際その待ち合わせ場所に時間通りに行っても相手は来ないわけ。
適当な理由をつけていけなくなりそうだとか、いけるにしても何時にいけるかわからないだの、とにかくメールをこまめに分けて送ってくる。
そうやって会話をひっぱって相手にポイントを消費させようというのだ。
だからいざ遊ぶ話がまとまったとしても、詐欺の手口を知っている人ならば安心などできるはずないのだが、バカは舞い上がっちゃって不安もなにもないのだろう。
それでいてバカは騙されたなんて被害者面するからやだね。
もちろん騙す方が悪い。それはわかる。
でも騙される方だって悪いのに、自分ばっかり被害者面ってのはちょっと面の皮が厚すぎやしませんかね?
賢い人ほど不安を感じながら出会い系サイトを使うもんで。
だから本当に安心したいなら出会い系サイトなんてやめちまうべきだね。
出会い系サイトを使っている間は詐欺の恐怖に苛まれることになるし。
たといサクラや詐欺のサイトが見抜けたとしても、詐欺の手口は日進月歩するものだから今はわかっても明日はわるとは限らないよ。
出会い系なんてグレーな場所に足突っ込んでるんだから危険なんて承知の上でがしょ。
だから安心したかったら出会い系から足を洗おう。
現実のさ、何か趣味の集まりとかイベントに参加して健全な出会いを探そうよ。
そうすりゃ不安から解き放たれるよ。

SNS出会いの民

SNSで出会いを探しているやつをよく見かける。
ネットスラングで言うところの出会い厨というやつだ。
出会い厨という言葉はネガティブなイメージを孕んでいる。
基本的にSNSでおおっぴらに、露骨に出会いを探しているやつは嫌われる。
嫌われるというよりも、ウザウザ思われていることの方が多いかもしれない。
SNSは出会い系サイトではないので、出会いサイト気分でSNSを利用するのはよろしくない。
そもそもSNSで出会いのチャンスは使いようによってはいくらでもあるが、しかしそういう出会い厨はむしろ出会いを手に入れるには非効率的だと思う。
ある程度SNSを使いこなしてくると自然と出会いのチャンスというのは生まれる。
SNSを利用している人は出会いに対して消極的だが排他的ではない。
出会いそのものは否定していないし、むしろ条件さえそろえば普通に遊びもする。
その条件の一つがガツガツしてはいけない、ということになる。
出会い厨の多くが勘違いしていることだが、主客の転倒がここにおこっている。
SNSでの出会いにおいて出会いというのは目的であってはいけない。
もし、目的であったとしても、それを相手に悟られてはいけない。
SNSを利用していて、実際にSNS上で知り合った人と遊ぶに至った人でも、出会いを手に入れようとしてそれに至ったわけではない。
SNS上で知り合った人と仲良くなったので、自然な流れとして出会いに至ったのだ。
出会い厨は出会いを目指しているが、SNS利用者は別に出会いは目指していない。
友達を増やすとか、交友関係を広げるなんていう目的の、副産物として出会いがついてくるのだ。
これを勘違いしているから出会い厨は嫌われる。
たしかに出会い系サイトに比べて、遠回りな出会い方かもしれないが、そんなに出会いが手に入れたいのならば出会い系サイトを利用した方がよっぽど効率がいい。
効率的な出会いというのはSNSではなかなか難しい。
それこそ一朝一夕でできることではない。
SNSで出会いを手に入れようと思ったら長期戦を覚悟しなくてはいけない。

詐欺の出会い系サイトはガン無視で

出会い系サイトは多々あるけれども、そのほとんどは詐欺の出会い系サイトでな。
詐欺の出会い系サイトに対する間違った対応をしてしまう人がいる。
ほとんどの人は詐欺の出会い系サイトに対して適切な対処ができているけれども、しかし一部の無知な初心者や律儀な人がこれにひっかかってしまう。
詐欺の無料出会いサイトからの迷惑メールやなにやらは基本的に無視でいいのだ。
そもそも非合法的なことを向こうがやっているのだから、法にのっとってどうこうされるなんてぇことはない。
相手は適当なことをガタガタ並べるけれども、適当なことを言ってるだけ。
身に覚えのないメールなどは完全に無視しよう。
もしかして……。なんて思っても無視しておけばいいと思う。
そもそも今時後払いの支払いのサイトなんてないと思う。
延滞料うんぬんで何万円なんていうのは法外にもほどがあるし。
もし心配ならば、まずは相手がたのサイト名や会社名を調べてみよう。
おそらく詐欺を常習的に行っているサイトとなるので、情報がゴロゴロと出てくる。
そこで詐欺のサイトだとわかったならばもう一安心。
サクッと無視で万事オッケーだ。
もし情報が出てこなくて心配ならば、国民生活センターなどに相談しよう。
まぁほとんど無視で大丈夫だと思うが。
もし騙されてお金を払ってしまったら、額にもよるが泣き寝入りせずにしかるべき場所に相談しよう。
もしかしたらお金が、全額とはいかなくても戻ってくるかもしれない。
弁護士事務所によっては報酬は取り戻した金額の中から何パーセントなんていうありがたいところもあるから色々調べてみよう。
出会い系サイトのトラブルに強い弁護士事務所も結構ある。
しかし中には悪辣な弁護士事務所もあって、費用を払うだけ払ってやっぱり取り戻せませんでしたなんていうところもあるからその辺はよく調べてほしい。
泣きっ面に蜂なんてなったら目も当てられない。
詐欺の出会い系サイトには手を出さない、返事をしない。ガン無視だ。

メル友セラピーを受けてみない

メル友と検索すると、グーグル先生がついでにこちらもどうですかと、よく検索される言葉をサジェスチョンしてくる。
どうもそこを見るとひきこもり メル友だとかくらいワードが目につく。
メル友出会いサイトというのはどうやらそういう心の弱った人に丁度いいらしい。
社会生活になじむための緩衝材的な役割をするらしい。
一度社会からドロップアウトした人のリハビリにいいらしい。
なんとなくでもその理由はわかるような気がする。
膝突き合わせ人と会話するというのはなんともエネルギーを使うのだ。
そのエネルギーというのは人によってはなかなか貯まるものではない。
心が弱っているとどうも人と直接会話をするということで心が摩耗してしまう。
しかし人は一人では生きることはできない。
だからどうしても人と繋がりたいと、その手段としてメル友ということになるのだろう。
ただただやり取りをするのではなく、その名の通り友達がほしいのだ。
心の中を吐露できる、日々の何気ない話ができる、そういった友達が欲しいのだ。
しかし直接あって話すにはエネルギーが足りないから、文章でやり取りするのだ。
会話というのは即興音楽で、相手に合わせて臨機応変に瞬時に対応しなくてはいけない。
しかし文章でのやり取りというのは、殊、メル友なんていうのはゆっくりと自分のペースで返事ができるので必要以上に気負わなくてもいい。
ゆっくりと推敲して、自分の言葉で伝えたいことを伝える。
そうすることで人との繋がりを確保し、そしてそれは後に社会に再び出ていかなければ行けなくなった時の練習になるのだ。
いきなり本番よりも練習は大いに越したことは無い。
メル友というのはそうした練習にはもってこいなのだ。
メル友募集のサイトというのも結構あって、今でも四六時中なかなか盛況だ。
もし、社会生活に疲れてしまって、ちょっと心が摩耗してきたと思ったらメル友を作ってみると、これがまたいい塩梅に機能してくれるかもしれない。
ちょっとしたアニマルセラピーみたいなものだと思う。

サブコンテンツ

このページの先頭へ